新ごぼうのトマトソースピリ辛煮

 

ごぼうの風味と食感が好きでよく買うのですが

 

きんぴらだったり天ぷらだったりとどうしてもワンパターンになりがち。

 

今回はごぼうを使ったイタリアンレシピをご紹介します。

 

 

 

ところで、今回は「新ごぼう」を使っています。

 

新ごぼうとは?

 

一般的なごぼうは秋から冬にかけて収穫しますが、新ごぼうは春から初夏にかけて収穫します。

 

新ごぼうは別名「夏ごぼう」とも呼ばれていて、完全に成長する前に若採りするので柔らかくアクが少ないのが特長です。

 

繊維が柔らかくて、優しく上品な香りの新ごぼう。

 

トマトソース、アンチョビ、バジル、とイタリアン風味に仕上げてみました。

 

 

新ごぼうでなくても、スーパーで見かけたごぼうで十分美味しくいただけます。

 

ぜひおためしくださいね。

 

 

 

 

               
●材 料●(2人前)    

新ごぼう        2本(約250g)                    
ニンニク        0.5片                    
鷹の爪        1本                    
バージンオイル    大さじ1                        
トマトホール    250g(1缶500gのトマトホール0.5缶分)できればカットしたのを購入        
アンチョビ    1本                    
バジル        3枚                    
塩        小さじ1/2

                        
●作り方●    

1、新ごぼうはピーラーで皮を削り、5冑に輪切りにし、さらに縦に4等分します。切ったそばから水にさらしアク抜きをします。

2、にんにくは、みじん切りにします。

3、水につけていたゴボウをきれいに洗い鍋に水と一つまみの塩を入れて強火にかけ、沸騰したらざるにあけて水気をきります。

4、鍋に2のにんにくと鷹の爪、バージンオイルを入れて弱火にかけにんにくの香りがでたらそこに3のごぼうを入れてすぐにアンチョビ、つぶしたトマトホールを入れて最初強火で沸騰したら弱火にしてじっくり火を通す。味を確かめ、最後に塩を入れて仕上げます。

5、お皿に盛りつけた後、バジルのみじん切りをそえます。

 

 

*ポイント*
ごぼうのアク抜きは水に長時間さらすとごぼう本来の風味が損なわれ、さらには栄養成分が水に溶けだしてしまいます。さらす時間は2〜3分程度にします。
アンチョビは、小さな缶詰を購入し、残ったらオイル漬けにしてパスタに使えます。                
                                    

 

上州ネギの柔らか煮

 

お買い物をしているとふと目に入る白ねぎ(長ねぎとも言います)。

 

ねぎは種類やブランドが豊富で「白神ねぎ」「雪中軟白ねぎ」「最上ねぎ」「下仁田ねぎ」など各産地より美味しいねぎがたくさん出荷されています。

 

当店で特に人気なのが「上州ねぎ」。

 

甘みと旨味が抜群で加熱するととろりとした食感です。

 

ネギ独特のクセが苦手な方でも美味しくいただける品種です。

 

 

上州ねぎを使ったとろーりコクのあるクリーム煮をご紹介します。

 

ねぎは一般的な「長ねぎ」を使っても美味しくいただけます。

 

 

 

 

 

●材 料●(2人分)

上州ネギ        2本                    
ニンニク        0.5片                    
バター        30g                    
ブイヨン        50cc                    
生クリーム    100cc                    
パルメザンチーズ    10g                    
ベーコンスライス    50g                    
塩        小匙1/2                        
黒コショウ    少々

 

                        
●作り方●    
1、上州ネギの根を取り除き白い部分を3冑で斜めに切ります。

                                
2、にんにくはみじん切りにする。
                                
3、次にベーコンスライスを5mm幅で縦にスライス。
                                
4、フライパンにバターをいれて弱火で溶かし2のにんにくを入れて弱火でじっくり炒めて香りを出す。次に3のベーコンを入れて中火でベーコンの水分を取るイメージで炒め、次に1の上州ネギを中火で軽く薄茶色になるまで炒める。  

                             
5、生クリームを入れて柔らかくなるまで弱火でゆっくり煮込む。その時に煮詰まることが多いので、50ccを限度にブイヨンで調整を行う。                                
    
6、塩胡椒をして、最後にパルメザンチーズを入れて軽く混ぜて、お皿に盛りつけて供する。     

                           
                                    
*ポイント*
パルメザンチーズを入れるタイミングは、火を消して入れること。消さずに入れると香りが半減します。      

 

 

大根のミートソース グラタン

まだまだ美味しくいただける大根。

大根を使ったイタリアンテイストのレシピをご紹介します。

 

ミートソース、ホワイトソースを作るのは少し手間ですが

自家製ソースならではのシンプルで飽きのこない素朴なお味です。

 

少し多めに作って冷凍保存もおすすめです。

 

 

 

 

●材 料● (4人分)
大根  150g
シュレッドチーズ 30g(ピザ・グラタン用のチーズ)    
塩  3g  
白胡椒  少々
★ミートソース
玉ねぎ  80g(中サイズ1/2個)
人参  40g(1/4本)
セロリ  20g
オリーブオイル 40g(大さじ3+小さじ1)
ミンチ肉  100g
白ワイン  100cc
トマトホール 400g(小1缶)
塩  5g
白コショウ 少々
  
        
★クリームソース    
バター  30g    
小麦粉  15g    
牛乳  300g    
塩  3g     
白胡椒  少々 

★コンソメ     
水  500cc        
コンソメキューブ 1個

●作り方● 
1、大根の皮をむいて1.5cm角のサイコロ状にカットする。

2、鍋に、分量の水とコンソメキューブを入れて弱火にかける。

3、ミートソースを作る。         
  玉ねぎ、人参、セロリをみじん切りにする。         
 ◆▲侫薀ぅ僖鵑縫リーブオイルをひき,量邵擇鬚茲炒める。次にミンチ肉を入れてさらによく炒める。
 、白ワインを入れて1/3ほど煮詰めてトマトホールを入れる。        
 ぁ¬鵤隠機腺横以ほど煮込み塩胡椒で味を整える。        
4、ホワイトソースを作る。         
  ∧未瞭蕕房絏个妊丱拭爾鰺呂し、弱火のまま小麦粉を全て入れて木べらでよく炒める。次に牛乳を少しずつ入れてよく混ぜてとろみが出れば火から外す。
 
5、ミートソースとクリームソースを合わせ味を確かめる。
6、グラタン皿に2の大根をこんもりと盛りつけ、5のソースをたっぷりとかけてシュレッドチーズを振りかけて、トースターで焼き色を付けて完成です。
●作り方のポイント● 
大根を1本丸ごと買ってすぐに使わない場合はカットして冷凍保存がおすすめです。
例えばこのレシピで使った大根は1.5cm角のサイコロ状のものを使っていますが
この大きさにカットしたものをジップロックに入れて冷凍保存をしておくと
みそ汁の具や他の調理にさっと使えます。
使う場合は、冷凍のまま調理します。
生の大根とはまた違って内部の繊維が壊れることにより柔らかい食感で
さらに味もしみこみやすくなります。
あつあつのグラタンでほっこりあたたまってくださいね。

 

豚肉とキャベツのペペロンチーノ風

 

ニンニクの香りが食欲をそそる一品です。

いつもの食材で簡単&時短のレシピ。

キャベツと豚肉の相性バツグン♪

 

 

         
●材 料●(4人分) 
豚肉のこま切れ 150g    
キャベツ  200g(約1/6個)    
赤パプリカ 1個    
ニンニク  約10g(1片)    
鷹の爪  0.5本    
オリーブオイル 30g(大さじ2と1/2)   
塩  小さじ1    
黒胡椒  少々     

●作り方● 
1、豚肉のこま切れをほぐして2cm角ほどの大きさにカットする。      
2、キャベツは2cm角にカット、赤パプリカは、半分にカットして種と白い部分を      
 取り除き、2ミリ幅にスライス。      
3、ニンニクは、横に2ミリ幅にスライスする。鷹の爪は種を取り除いておく。      
4、フライパンにオリーブオイル、3のニンニク、鷹の爪を入れ弱火でオリーブオイルに     
 ニンニクと鷹の爪の香りを移していく。      
5、ニンニク、鷹の爪を取り出し1の豚肉を入れて一気に焼き色を付け、2のキャベツ、赤パプリカ  
 を入れてさっと炒めて塩黒胡椒をして味をつける。      
6、器に盛り付け、上にニンニクと鷹の爪をのせる。
●ポイント●
キャベツは冬キャベツでも春キャベツでもどちらでも美味しくいただけます。
お好みのキャベツでどうぞ。
 

大根とツナのイアリアンサラダ

爽やかな酸味とバージンオイルの香りが
大根の甘味をぐっと引き出してくれます。
またバジルと黒粒コショウがアクセントとなって
お箸がすすむ一品です。
パスタやグラタンなどのお野菜サラダとしてどうぞ♪

●材 料● (4人分)
大根 150g     
ツナ 140g(小缶2個)     
トマト 2個     
バジルの葉 10枚     
バージンオイル 40g(大さじ3)    
白ワイン酢 10g(小さじ2)     
塩  6g(小さじ1)    
黒粒胡椒  0.5g     
ピンクペッパー(あれば飾り用として) 0.5g(約20粒)     
   
         
●作り方●  
1、大根は皮をむいて2mm幅の輪切りにしたあと繊維にそって細切りにする。バジルは粗みじんにする。        
2、トマトは、縦半分に切り、切り口を下にして横に4等分にカットする。        
3、バジルは葉を重ねて1mm幅にカットし、対角線に1mm幅にカットする。        
4、ボールにバージンオイルと白ワイン酢でドレッシングをつくる。次に1の大根、ツナを入れて        
  バジルの半量をたしてざっくり混ぜ、塩と黒粒胡椒で味を整える。        
5、器にトマトを皮のほうを器の外側にくるように真ん中をあけて盛りつけ、その空いたところに        
  4のサラダを盛りつける。上から、ピンクペッパーを指でつぶしながら全体にまぶす。

 

 

●ポイント● 

しゃきしゃきと食感が美味しい大根サラダは
切り方次第で驚くほど食感が変化します。
大根は皮をむいて2mm幅にカットしたものを
少しづつずらしながら、繊維に沿って細切り(千切り)にします。
しゃきしゃき美味しい大根のサラダをお楽しみくださいね。

キノコとマカロニのクリームグラタン

キノコとマカロニのクリームグラタン
きのこの香りが引き立つあったかグラタンです
今回はきのこの中でも美味とされる人気の「丹波シメジ」「柿の木茸」を使いました。
もちろん冷蔵庫にあるきのこ類でもお試しくださいね。
    
●材 料●
(4人前) 

丹波シメジ 1P  
柿の木茸 1P  
エリンギ 1P
牛乳 適量
小麦粉 適量
マカロニ 100g
バター 50g
パルメザンチーズ 適量 
オリーブオイル 30g
バジル 適量
ニンニク 10g
フレッシュトマト 1個
塩コショウ 適量
    
●作り方●
1 丹波シメジ、柿の木茸は、石附を取り、ほぐしておく。
  エリンギは、乱切りにする。
2 ニンニクは、みじん切りに。
3 キノコ類は先にニンニクと一緒にオリーブオイルで炒める。
4 マカロニは、たっぷりのお湯で、1%の塩でさっとボイルし、ざるに上げて自然に冷ます。
5 3で炒めたキノコは取り出し、そのフライパンでソースを作る。
  バターを溶かし、小麦粉を加えて木ベラでよく混ぜる。
  次に牛乳を少しずつ加えていき好みの硬さのクリームソースに仕上げる。
  キノコを戻して塩コショウで味を付ける。
6 グラタン皿に4のマカロニを引き詰め、上からキノコ入りのクリームソースをかけて、
  パルメザンチーズとトマトの角切りを散らしてオーブンで焼き色を付けて完成です。
1